aa 基本的な印鑑の使用方法

日本人にとって印鑑は必ず必要なものですが、印鑑の基本的な使い方は、意外と知られていなかったりするようです。 まず、個人の印鑑だけでも、基本としていくつかの種類があります。

実印、銀行印、訂正印、認印などと呼ばれる種類がありますが、これらの印鑑の必要性はどのようなときに出てくるのでしょうか。 実印とは、自身の住民票のある地区の役場などに届出を済ませてある印の事を差します。

例えば、相続関係の書類や、自動車の登録、保障などの非常に重要な書類を作成する際に使用する印ですので、 この登記の際に発行される印鑑証明書と対になって証明の意味をなすとされているため、防犯上は印鑑と印鑑証明は別々に保管するべきとされています。

銀行印は、その名のとおり銀行などの金融機関で登録する印の事をさしています。金額の大きい取引や個人情報を扱う重要な取引を行う際は銀行印が必要になります。 認印とは、普段使いの三文判の事をさします。日常使用するための印鑑で、宅配便の受け取りなどに使用することが多いです。

最近ではスーパーや100円ショップなどでも手に入れる事が出来るので、重要な書類作成の際には使用しません。 訂正印とは、書類作成時に間違えた部分を訂正するときに使用する印のことで、基本的には二本線で間違えた部分を消した後に、その脇や上側に訂正印を押印します。

間違えた欄で使用するので、訂正印として通常使われるサイズは他の印鑑よりもサイズが小さく、そのサイズはだいたい5、6ミリとされています。 印鑑の必要性を理解したうえで、使いこなすようにしましょう。


ページTOPへ